会員の皆さんの声

会員同士の日々のつぶやきや自己紹介、質問・お悩み相談などの一言メッセージです。
読みたい年度をクリックしてください。
質問や相談にお答えできる方は、ぜひ投稿をお願いします。
(閲覧は誰でも5件までできますが、投稿は「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」の会員のみ可能です。
 会員のページより「皆さんの声」を投稿してください。)


男性介護ネット会員のページ
会員のみなさんの声
※新しい順に表示しています。



2020/10/21

でんでん さん (大阪府)

コロナ禍で、介護サービスの使い方が難しくなった昨今ですが、介護・病院関係各位に恵まれ、何とか暮らせています。年齢的にもまだ先は長いので、完璧な介護や理想的関係を夢見すぎず、頑張らないように頑張りたいです。





2020/09/16

鳥取 MI さん

入会しました。夫の介護15年、見送った後、傾聴ボランティアへ入会し会員として活動中です。実姉が義兄(夫)の介護を受けて10年位。認知症・引きこもり・男性介護ネット・・・その他の知らぬことが多く、学びたいと思っています。話すこと、聴くことどちらも大切なこと。このことに支えられます。





2020/09/14

川崎典子(岡山県岡山市北区) さん

役員の皆様、お世話になります。コロナのために、色々な活動に支障をきたす状況となり、ご苦労も多いと思います。私は、認知症地域支援推進員として5年勤務し、3月末で総社市長寿介護課を退職しました。7月からは、若年認知症支援コーディネーターとして活動させていただくこととなりました。引き続き勉強させて頂こうと思います。宜しくお願いします。





2020/09/14

芦田豊美(京都市西京区) さん

重度の要介護者の介護のため、家を離れることができず、集いに参加できないのが残念です。





2020/09/14

渡辺茂(兵庫県神戸市北区) さん

自傷事故で、4か月入院。先の延期になった総会も欠席となるところでした。このコロナの騒動で、この先どうなるか心配です。





2020/09/14

H・K(沖縄県那覇市) さん

両親の介護が10年前くらいから始まりました。父は2年目に他界しました。要介護3の認知症でした(認知症がすすんで、身体は丈夫)。現在。要介護2の母の面倒見、介護しています。認知はほとんどないのですが、身体上の問題があり、うまく歩けず、車イズ生活しています。食事が細いのと、消化系統の紹介器が悪く、いつも体調の悪さに悩まされています。血めぐりを良くすることに心掛けています。指圧マッサージも有効です。





2020/09/02

糸坂孝三② (東京都小金井市) さん

今現在も難病の妻とは、後見人から週1回だけの面会しか許されていません。さらに新型コロナウイルス感染問題で、妻の入院先病院は3月25日から全家族の面会禁止となり4か月になりました。妻と二重生活の経済的な問題もあり、老体に鞭打って仕事をしておりますが、妻と面会した時の妻の安心した表情が私の支えです。男性介護ネットのイベントに行ってみたいと思う時もありますが、すべて遠いので諦めております。





2020/09/02

糸坂孝三① (東京都小金井市) さん

私は、2017年に男性介護ネットに入会し、3年になりました。難病の妻は、私と引き裂かれ強制的、一方的に入院させられ今年6月で7年になります。入会して体験談に寄港させて頂いたり、多くの皆さんの介護体験を知ることが出来ました。精神的にも体力的にも苦労は同じでしたが、私のような体験をされた方はいないようでした。私と同じ体験をした方は、おそらく水面下で「泣き寝入り」しているのが現実と思っております。それは公的な「力」が加わっているからであり、大きな社会問題と思います。男性介護ネットでその人たちを掘り起こして頂き、社会への警鐘発信が深くなって欲しいのです。認知症や高齢者の介護だけに偏っている気がします。その中にある介護トラブルに目を向けてください。それは表に出てこないトラブルだからです。きれいごとで済まされない体験者の願いです。





2020/09/02

高室成幸(名古屋市) さん

コロナの影響により、今後、中高年介護者の失業と再就職の困難化に拍車がかかると思います。経済的困窮が更なる介護ストレスを生み、虐待的状況に至る男性介護者も増えることが懸念されます。YouTubeの「ケアメンチャンネル」には大賛成です。語り合うこと、語りを聞くことで、オトコは支えられて入りと思います。





2020/09/02

谷口正尚(富山県中新川郡) さん

津止先生 コロナで大変でご苦労様です。ますますのご活躍をご祈念申し上げます。これからは生涯在宅時代、最終段階まで在宅(高齢者の願望・幸せ)で幸せに生きる・・・それを家族(子供や配偶者)が支えるのでなく、介護保険で支える。介護保険も大きく変革の時・・・介護保険に大尽力された、樋口恵子氏も、今そこを主張されているのだと思います(老いどん(本)で)、上野さんも・・・私も強く主張したいです。(在宅入所介護サービスの新設)



非会員の方は最新の10件のみ表示されます。
 会員の方はこちらよりログインしてご覧いただくと、全件表示されます。







※当ネットワークへハガキや手紙で届いたメッセージは、「ハガキより」として後日投稿しています。