会員の皆さんの声

会員同士の日々のつぶやきや自己紹介、質問・お悩み相談などの一言メッセージです。
読みたい年度をクリックしてください。
質問や相談にお答えできる方は、ぜひ投稿をお願いします。
(閲覧は誰でも5件までできますが、投稿は「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」の会員のみ可能です。
 会員のページより「皆さんの声」を投稿してください。)


男性介護ネット会員のページ
会員のみなさんの声
※新しい順に表示しています。



2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

いつも、心の支えになっていただき、ありがとうございます。妻はゆっくりではありますが、筋力のおとろえが目立ちはじめております。本格的に介護するまでには、まだいかないものの、将来を考えると少し不安になることもあります。それでも皆者のご意見を参考に生活や今後のために用意してまいります。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

設立当初より監事として皆様と共に歩んできましたが、今年度を持って退任させて頂きました。全国の皆様とつながりとても有意義な10数年でした、ありがとうございました。今後もつながっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

2021.2.26.「ケアメン四国連絡会議」として、四国の男性介護者の会の会長と津止教授で、ZOOMによるオンライン会議を行った。コロナ禍での各県の活動状況・今後の活動の展望や課題等を、それぞれ意見を述べ合った。活動歴の浅い当会としては、各会長の熱意に大変鼓舞され、今後の活動に活かせるヒントも沢山得られた。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

いつも拝見しております。認知症の母親が昨年8月の他界し、主な介護者であった父親は、一時期ぽっかり穴が空いた様でぼんやりしていることが多かったのですが、ようやく元気が出てきました。私は遠距離介護の状態でしたので、死に目には会えませんでしたが、数多い思い出を胸に働いています。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

事務局長並びに事務局の皆様、コロナ禍の中日々お疲れ様です。総会の開催について「会則第10条、会計年度は4月1日より3月31日までとする」とあるのでが、事業年度は会見年度に準ずるものと思いますが、3月1日提案で開催するのは正しいのでしょうか。また、2020年度収支決算書において、監事の会計監査報告が2月26日となっておりますが、会計報告はどうなっているのでしょうか。会計年度の途中ではないでしょうか。収支決算書について、2021年度収支予算書に読み替えます。以上、総会議案について、気づいた点を記述させて頂きました。私は、若年性認知症の妻を在宅介護しておりますが、日々進行し先の予測がつかない介護状態が続く中、男性介護者ネットに投稿されている体験談が多いに参考となっております。ひとりで悩まないで、様々な情報の中で介護を工夫しながら頑張っていこうと思っています。今後ともよろしくお願いします。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

令和3年度は毎月第2火曜日に10:00~12:00でケアメンカフェを開催します。コロナ禍の為、ZOOMを使用してオンラインでの開催も併用しています。「仲間がいれば介護もやってゆける!!」を合言葉に活動を続けています。また全国の皆様とお会いできる日を楽しみにしております。





2021/03/31

事務局長 さん (京都府)

今年90歳になりましたが、今のところは元気です。                  コロナで認知症の方が増加しています。今の内に何か対策をしないと、日本は大変なことになると思います。政府に対して認知症対策基本法の制定を早くすべきと思いますが?





2021/03/31

なべっち さん (愛媛県)

父母(父89、母88ペースメーカー療養中)は、まだ自身の身の回りのことを曲がりなりにもできる状況ですが、早晩に本格介護が必要になってくると思い、津止正敏さんの「男が介護する」を拝見し、当ネットワークへの参加を希望させていただいた次第です。よろしくお願いします。





2021/03/31

小林 将樹(千葉県) さん

本を見て入会希望をしました。老々介護できつい事もよくあります。そのつらさを分かち合えたらうれしいです。





2021/03/24

さん (東京都)

2020年末に介護中の妻の介護度が2段階アップして要介護4になり、室内も車椅子、着替えや食事も自分ではできなくなりました。現在介護する私は85歳、妻は87歳の典型的な老老介護です。世間では最近、老老介護に耐えきれなくなった関係者の痛ましい事件が報道されることが多くなっているように思います。介護度が二段階アップした昨年末は、果たして自宅介護が続けられるかどうか自信がなくなりましたが、現在は移乗介助ロボット・ハブを導入したり、デイサービスを週3回利用するなどして何とか自宅介護を続けています。しかし、最近は共倒れが時間の問題のような不安が募っています。とはいえ、できれば自宅で介護を続けられればという思いは捨てきれず、老老介護を続けられている方の声をお聞きしたい思っております。



非会員の方は最新の10件のみ表示されます。
 会員の方はこちらよりログインしてご覧いただくと、全件表示されます。







※当ネットワークへハガキや手紙で届いたメッセージは、「ハガキより」として後日投稿しています。