会員の皆さんの声

会員同士の日々のつぶやきや自己紹介、質問・お悩み相談などの一言メッセージです。
読みたい年度をクリックしてください。
質問や相談にお答えできる方は、ぜひ投稿をお願いします。
(閲覧は誰でも5件までできますが、投稿は「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」の会員のみ可能です。
 会員のページより「皆さんの声」を投稿してください。)


男性介護ネット会員のページ
会員のみなさんの声
※新しい順に表示しています。



2018/03/07

T・T(兵庫県) さん

2/10津止先生の講演を拝聴。堂々めぐりの介護者から抜け出すべく参加を希望いたします。





2018/02/28

さん (京都府)

男性介護ネットの活動素晴らしいと思います。いろいろト勉強させてください。





2018/02/28

さん (愛知県)

今月2月24日に名古屋市のういるあいちと言うところで京都の大学教授の津止正敏先生の講演会に初めて出席。男性介護者の社会的な広い見地からの講演内容に驚いて困っている介護環境と今の自分を振り返れました。昼間はデーサービス利用。土日休日は終日一緒に生活し、二年前発症の急性期の肺炎や腫瘍摘出術後のフォローで長い病院と老健の生活で認知症と診断。在宅での関わりからみると認知症は内服(アリセプト)もあり以前より軽くなったのではなかろうか、年齢相応かもという状態だとみています。老年科と腫瘍口腔外科などの医者通いからは抜け出せていませんが介護のある暮らしについて仲間との交流を求めたくなりました。遠方には介護あるのでなかなか身軽には外出しづらいですがよろしくお願い致します。





2018/02/26

男性介護者の会(高岡)みやび 平尾 隆 さん (富山県)

先般、里村代表から私の個人のメールアドレスに感想の続きを頂戴しました。「会員の皆さんの声」の投稿が止まってしまったようですが、これからも皆様からの遠慮のない投稿を期待いたします。さて、私は61歳。平成11年1月、42歳で妻の介護を担い、勤めていた会社を44歳で辞しました。その後、粘り強く自らのスキルアップに挑戦し、結果的に一昨年フルタイム勤務に復活しました。このコーナーを閲覧されている方のなかには、介護離職して将来への希望を見失っている人がおられるかと思います。一般論ではありますけれど、介護を理由とした離職の要因は、あくまでも家族環境にあるのであって、離職した人の働く能力が否定されたわけではありません。労働市場への復活を望んでおられる方は、決して諦めずチャレンジを続けてほしいと思います。尚、私のグループの活動の詳細は、高岡市市民活動情報ポータルサイト「サポナビたかおか」男性介護者の会「みやび」URL:http://saponavitakaoka.jp/group157/をご覧ください。





2018/02/06

里村 良一 さん (岐阜県)

平尾隆様、ぎふでは大変お世話になり有難うございました。このたび「みんなのこえ」投稿をよませていただき私なりの感想を申し上げます。中程にある①介護者の語りとは、介護する人と介護を受ける人の間の幾十年もの長きに渡る深遠で唯一無二のものであって、ノウハウだの秘訣だのという軽薄なものではなく、ましてや介護者を悲劇の主人公まつりあげるものでは決してない。②ましてや介護者の語りの意義とは、彼等の深く貴重な話を通して、介護者が健康に不安を抱えながら介護を担っていることは、仕事との両立に苦心していること、地域社会からの孤立を余儀なくされていることを社会全体に問いかける点にあるのだ。③男性介護者の経験談が、介護者が生きやすい世の中の形成に貢献することを願って止まない。③についてはどなたも異議のないことだと思います。②仕事との両立に苦しんでいること、については定年前に誰かを介護せざるをえなくなった方々には該当する事項として留意すべき  この投稿欄は字数に制限されていますので次回に続きを書きたいと思います。





2018/02/04

男性介護者の会(高岡)みやび 平尾 隆 さん (富山県)

介護者は、なぜ介護経験を語るのか?男性介護者の会「みやび」を立ち上げて6年。この間、自らの介護経験談を軸に単独講演を40回近くこなしてきた。講演依頼の目的は、「介護を乗り切るノウハウや秘訣を教えてください」とか「悲惨で苦労された介護の話を共有させてください」というのが常套句で、このような言い回しに少なからず違和感を覚えた。現在、男性介護ネットでも経験談を募集しているが、介護者の語りとは、介護する人と介護を受ける人との間の幾十年もの長きにわたる深遠で唯一無二の人生そのものであって、ノウハウだの秘訣だのという軽薄なものではなく、ましてや介護者を悲劇の主人公に祭り上げるものでは決してない。加えて、介護者の語りの意義とは、彼らの深く貴重な話を通して、介護者が健康に不安を抱えながら介護を担っていること、仕事との両立に苦心していること、地域社会からの孤立を余儀なくされていることを社会全体に問いかける点にあるのだ。男性介護者の経験談が、介護者が生きやすい世の中の形成に貢献することを願って止まない。





2018/01/21

里村 良一 さん (岐阜県)

千葉県のN,A様  神奈川県の野上高伸様  大阪府のわきさん さん様 お葉書有難うございました。   介護は100人100様で、それぞれのご苦労があることと思いますが、ひとりで抱え込まないで、皆で語り合って、少しづつでも問題を解決していきましょう。





2018/01/17

わきさん さん (大阪府)

活動に関心があります。まだ介護の「新人」ですので、「先輩」「同輩」の皆さんの経験をお聞きしたいと思っております。





2018/01/17

野上高伸(神奈川県) さん

私の妻はアルツハイマー病で認定されて18年目になります。昨年秋まで在宅介護でデイサービスやショートステイなどやってきましたが、昨夏ゴエン含むハイエンになり、すぐに又、間で肺炎になりました。病院からも在宅では無理だといわれ、みとりの病院に入院し2か月になります。昨年春から里村新代表の「しあわせ授業」を再読しあらためて感動しております。里村代表の活躍を祈っています。





2018/01/10

N・A(千葉県) さん

男性介護ネット通信No.13拝見いたしました。新代表里村良一様の経歴はじめ皆さんのコメントを見るとただ頭が下がる思いです。今年6月に他界した母の介護に対して、自分の行動を振り返ると疑わしく、自分はほんとうに皆様のように苦労したのか、顧問であられる太田先生からご指導を頂いた事柄を活用できたのか、など親の介護の難しさ・悔しさ・寂しさがこみ上げてきます。またほっとした気持ちも交差します。ただ自分のセルフケアに勉強になったことは間違いありません。あらためて本会に入会して良かったと思います。



非会員の方は最新の10件のみ表示されます。
 会員の方はこちらよりログインしてご覧いただくと、全件表示されます。







※当ネットワークへハガキや手紙で届いたメッセージは、「ハガキより」として後日投稿しています。