会員の皆さんの声

会員同士の日々のつぶやきや自己紹介、質問・お悩み相談などの一言メッセージです。
読みたい年度をクリックしてください。
質問や相談にお答えできる方は、ぜひ投稿をお願いします。
(閲覧は誰でも5件までできますが、投稿は「男性介護者と支援者の全国ネットワーク」の会員のみ可能です。
 会員のページより「ケアメンの声」を投稿してください。)


男性介護ネット会員のページ
会員のみなさんの声
※新しい順に表示しています。



2016/03/11

男性介護者の会(高岡)みやび 平尾 隆 さん (富山県)

「いまは男も介護する時代です。やって来られたことは間違ってないです」3月4日付け朝日新聞デジタル版常設の介護専門ページ「介護とわたしたち」に平尾登場。http://www.asahi.com/articles/ASJ335WKVJ33UTFL00L.html3月12日と13日、京都でお会いしましょう! 





2016/03/09

ぴーすけ さん (千葉県)

第二の人生になって、高齢者の心理を学びたくて介護に従事しました。介護福祉士を取得しケアマネジャー受験中(現在取得済)に、遠方の母が認知症になり、家族で実家を往来して母の介護をしています。現在母は老人ホームに入所していますので、介護負担は軽減し見守りが主です。介護のプロであるはずが、母の介護に対して無力だったことを痛切に反省しています。そこから男子介護者の特徴・弱点などを調査しています。貴ネットワークを知って、さらに情報を得たいと入会を希望しました。よろしくお願いします。





2016/03/09

ksg さん (神奈川県)

年会員期間は4月から翌年3月の1年間と記されてましたので、今3月ですので4月から入会したく4月初旬に会費を振り込みます。私現在69歳で10年介護70歳の声を聞くと体力精神力も低下し介護が今まで通り自信もなく(妻の期待通りにいかないと思う)、当ネットに入会し皆さまの介護対応の勉強をして自身の知識幅を広げたくと考えております。





2016/02/10

hiro77 さん (北海道)

WEB新書を見ました。妻69歳、若年性と診断されて6年になります。母100歳、軽い脳梗塞を患い、母の実家で同居して介護しています。よろしくお願いします。





2016/01/21

渡辺 紀夫 さん (東京都)

事務局ぇ介護体験記のテーマで皆さんの声のカテゴリーのように体験記内容としてその他のテーマを取り入れてみると良いかもしれません。体験記として自由なテーマで介護者の体験や支援者・介護職の体験の声も増えるのではないでしょうか、色々な方面からの体験記は意味が大きいと思います。その事でも投稿が増えるのではと思います。検討をお願いします。





2016/01/21

渡辺 紀夫 さん (東京都)

介護中での「介護うつ」見取り後の「介護うつ」介護離職でのパラスメント経験で、いまだに働く事で苦しんでいる。これは男性だけの問題ではなく女性のかたもいると思う。父ちゃまを看取ってもう3年目に為るがいまだに苦しんで普通に働く事も困難な状態である、ケアラーに対しての心理的ケアー・心のケアー対策は介護離職をなくすためにも、介護事件をなくすためにもケアラーの経済的支援対策のためにも大切な取り組みではないか!!!3月の大会でこの課題を多くのみんなと話し合いたい。津止先生この課題何とか取り入れて貰いたいで~す。





2016/01/13

金沢善智 さん

また、3年ほど、サービスつき高齢者向け住宅(サ高住)と訪問介護を行っている会社で、介護職員教育係を兼ねた社長を兼務しておりました。このサ高住は、身寄りのない人が多数おり、社長の私が、ご住居者の「看取り」から「火葬場での骨拾い」までもしておりました。この経験から、看取りのためのケアプランの必要性や、経管栄養や胃ろうの是非を含めた「老衰死」、「デスカンファレンス」や「グりーフケア」の重要性について発信もしております。一方、このサ高住は、利用者の7割が「認知症者」であったことから、介護職員に対し、認知症者に対するコミュニケーション方法の教育を徹底して行いました。これにより、非常に多発していた「暴力」や「暴言」、「盗まれ妄想」などの周辺症状が、介護する側「知識と適切な態度」で出なくなることも発信しております。この会にて、私の経験や知識がお役に立つようであれば幸いと思っております。今後ともよろしくお願いします。





2016/01/13

金沢善智 さん

初めまして、金沢善智(かなざわよしのり)と申します。介護環境研究所を、埼玉県にて主宰している者です。私は31年間、理学療法士として、訪問リハビリや施設でのリハ指導を行う中で、多くの介護を必要とされる方々(利用者)と関わってきました。大学教員中も、訪問リハビリや福祉機器の導入、住宅改修などによる「介護生活支援活動」を現場で行い、介護に関する知識や技術の蓄積を行いました。現在は、大学教員を辞し、ノウハウの社会還元を目的に起業し、全国で、施設及び在宅介護の知識と技術向上に関する啓発活動を行っています。企業にて、福祉機器開発の指導を行う中で、40~50代の多くの男性職員が介護問題を抱えながら就業している状況がわかり、その問題解決のための支援もしております。少しの介護に関する知識とケアマネジメントがあれば、解決してしまうことが多かったです。





2015/12/10

事務局 さん

「介護退職ゼロ作戦!フォーラム2016TOKYO」をお知らせします。日時:2016年1月9日(土)13:30~16:30(受付13:00~)。場所:家の光会館7階コンベンションホール東京都新宿区市谷船河原町11)。内容:(1)基調講演『働きながら介護』を職場と・家族と・地域とともにつづけるために。池田心豪さん(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 副主任研究員)。(2)実践レポート(3)情報交換・各地の取組みから 。(4)交流会17:00~18:30 希望者のみ 会費3000円交流会以外は参加無料です。 申し込みは、FAX(03-3235-0050)かホームページ(http://www.tvac.or.jp/news/36721)からお願いします。同じ日の10:00から開催される『家族介護を考えるつどい」もございます。 皆様のご参加お待ちしております!     





2015/12/02

アリモッチィ さん (東京都)

同居する88才の母親の介護が始まりまだ半年ですが、かなり辛いです。自分は離婚歴があり現在は一人で介護しています。認定当時はたまたま母親が病で倒れ要介護4をもらいましたが、その後病気が治り現在は要支援2程度、年相応の認知症ではあると思います。知人の紹介でこの会を知りました。よろしくお願いします。



非会員の方は最新の10件のみ表示されます。
 会員の方はこちらよりログインしてご覧いただくと、全件表示されます。







※当ネットワークへハガキや手紙で届いたメッセージは、「ハガキより」として後日投稿しています。